ビジネスモデルキャンバスとは? 事例をもとに書き方を解説<テンプレート付き>

ビジネスモデルキャンバスとは? 事例をもとに書き方を解説<テンプレート付き>

ビジネスモデルキャンバスはビジネスの構造を可視化したフレームワーク。

自社のビジネスモデルの優位性や競合に劣る要素、弱点などを洗い出し、より強固なビジネスモデルを創出するために活用されます。

本記事では、ビジネスモデルキャンバスの基礎知識や書き方、活用事例をわかりやすく紹介しています。テンプレートもご用意していますので、ぜひダウンロードしてご活用ください。

ビジネスモデルキャンバスとは

ビジネスモデルキャンバスとは、ビジネスの構造を整理して設計図のような状態にするフレームワーク。アレックス・オスターワルダーとイヴ・ピニュールによって開発されました。

複雑な要素が多いビジネスの構造をわかりやすく可視化することができるため、ビジネスモデルを表現する際のツールとしてさまざまな企業や組織で活用されています。

ビジネスモデルキャンバスが用いられるケースとしてよくあるのが、既存ビジネスの改善を行う場合。フレームワークを作成して現状のビジネスモデルの優位性や課題を洗い出し、競合に勝てるビジネスへと昇華させていくことができます。

また、新規事業を創出する際に用いられるケースもあります。ビジネスモデルキャンバスを活用して説得力のあるビジネスモデルを表記することで、社内外のステークホルダーから理解を得るのにも役立ちます。

ビジネスモデルキャンバスの構成要素と書き方のコツ

このフレームワークは9つの要素から構成されています。

ビジネスモデルキャンバステンプレート

ビジネスモデルキャンバスのテンプレート

今回は一人暮らし向けの栄養やカロリーに配慮した食事配達サービスを例に挙げ、それぞれの要素について書き方のポイントや具体例を交えつつ解説します。

また、このフレームワークをうまく活用するコツは、最初から一発でビジネス全体を網羅した完全なものを作ろうとするのではなく、仮説の段階に合わせて何度もフレームワークを作成しながらビジネスモデルを完成させていくこと

つまり、最初から完璧なものを書く必要はなく、書けない項目があっても問題ありません。書いている途中でそれぞれの要素の繋がりを確認しつつ、ビジネスの価値をどのように提供していくかを整理していきましょう。

テンプレートのダウンロードはこちら

① 顧客セグメント

価値を創造し届けたい人は誰か、ターゲット記入します。メインのターゲットだけでなく、多様でニッチなターゲットまで具体的に書き出しましょう。

例:

仕事が忙しく自炊をする時間がない、あるいは自炊を面倒だと思っている人
フルタイム勤務をしている一人暮らしの20~30代の男女

② バリュープロポジション(価値提案)

顧客にどんな価値を届けているのか、顧客の抱えるどのような問題を解決しているかを書き出します。

この際、以下のリストを参考にして顧客にとっての価値を確認しましょう。

  • 新規性
  • 効率性
  • 最適性
  • 設計
  • ブランドやステータス
  • コスト
  • リスク低減
  • 簡単さ、使いやすさ

例:

自炊のために必要な手間や時間を省ける
決済が簡単
栄養面が配慮されている(健康診断の結果に合わせたメニューが届く)

③キーリソース

価値を顧客に提供し続けるために必ず必要とされるリソースを書き出します。ビジネスのステークホルダーとなるすべての要素が含まれます。

例:

食品製造担当者、サービスの運営担当者、インフラ(食品加工工場、オフィス)、運営ノウハウ、ブランド、管理栄養士、マーケター

④キーアクティビティ

価値提供のために組織が実行しなければならない重要なアクションを書き出します。

例:

美味しくて栄養豊富かつ低カロリーなメニューの開発
マーケティング(新規ユーザー、既存ユーザー)
食品の製造

⑤主なパートナー

事業の外部リソースと活動を担うサプライヤーを書き出します。記入する際は以下のリスト内容を確認しましょう。

  • リソースの中でパートナーがいないか?
  • アクティビティの中で必要とされているパートナーは?
  • パートナーシップによって実現されていること(最適化、経済効率、リスク低減など)は?

例:

運送業者、食材販売業者、梱包材の販売業者etc…

⑥ 顧客との関係

顧客が確立・維持することを期待している関係性を書き出します。以下のリスト内容を確認しましょう。

  • 書き出された関係性が確立できていると言えるか
  • 顧客がコストを負担するか

例:

ユーザーが配達するタイミング・量・種類を自由に決めて食事が自宅に届く
健康面に配慮した栄養価の高い食事が食べられる
ユーザーからのフィードバックを反映した改善が期待できる

⑦チャネル

顧客に事業の価値を届けるために必要なチャネル。以下のリスト内容を確認しましょう。

  • 顧客はどうやって 自社のサービスにリーチするか?
  • サービス利用後にどのようなチャネルでユーザーとつながるか?
  • 顧客に自社のサービスの評価方法を与えているか?
  • 決済は簡易か?
  • 顧客対応はスピーディーか?
  • アフターフォローは?
  • コストも考慮しどのアプローチがベストか?

例:

<サービス利用前>Webサイト、SNS
<サービス利用後>アプリ etc…

⑧ コスト構造

ビジネスモデルの運用で発生するすべてのコストを書き出します。以下のリスト内容を確認しましょう。

  • おおよその事業のインフラコスト、マーケティングコスト、運用コスト
  • おおよその事業の人件費、経費
  • キーリソースやキーアクティビティで大きなコストになっているものは?
  • コスト優先か、価値提供優先か?

例:

インフラコスト:〇〇千円/年
人件費(食品製造、サービス運):〇〇千円/年
運送費用:〇〇千円/年
マーケティング、PR費用:〇〇千円/年

⑨ 収益の流れ

顧客に提供する価値が受け入れられた結果生まれるもの。収益ポイントを書き出し、流れがわかるように書くのがポイントです。以下のリスト内容を確認しましょう。

  • どんな価値のためにお金を払ってくれるのだろうか?
  • どんな支払い形式でお金を払ってくれているか?

例:

1食につき600円均一。送料一律1,000円。注文一口ごとにユーザーに請求。
オンライン決済に対応、口座引き落とし可能、決済手数料無料

テンプレートのダウンロードはこちら

リーンキャンバスとの違い

リーンキャンバスとは、ビジネスモデルを9つの要素に分けて考えるフレームワークで、新規ビジネスを企画する際に最適な手法とされています。

簡潔にサービスの本質的価値をまとめることができ、新規事業を始める際に周囲の理解を得るのに役立てられています。

ビジネスモデルキャンバスとよく似ていますが、リーンキャンバスはあくまで新規ビジネスにおける仮説検証を実施するためのもの。つまり、スタートアップに特化したフレームワークといえます。

★リーンキャンバスの解説はこちら

➡︎【無料】リーンキャンバステンプレートのダウンロード

バリュープロポジションキャンバスとの併用

バリュープロポジションキャンバスとは、「顧客のニーズが高く、かつ競合他社が提供できていない独自の価値」を明らかにするフレームワーク。

ビジネスモデルキャンバスの要素である①顧客セグメントと②バリュープロポジション(価値提案)はバリュープロポジションキャンバスで埋める「顧客プロフィール」「バリューマップ」なので、そのままビジネスモデルキャンバスの中に組み込むことができます。

★バリュープロポジションの解説はこちら

➡︎【無料】バリュープロポジションキャンバステンプレートのダウンロード

まとめ:ビジネスの成功に欠かせないフレームワーク

ビジネスモデルキャンバスは、現状のビジネスの構造を洗い出し、より強固なモデルへと導くフレームワーク。リーンキャンバスやバリュープロポジションキャンバスと併用することもできるので、自社のビジネスのフェーズや目的に合わせて使い分けましょう。
ビジネスモデルキャンバステンプレートのダウンロードはこちら

企業の事業開発をビジネスの上流からワンストップで支援

モンスターラボでは、2200件を超えるサービス開発のノウハウを活かし、UXデザイナーと開発経験豊富なエンジニアが1つのチームとなり、ビジネスの上流からデザイン、開発までワンストップで対応いたします。

モンスターラボが提供するサポートの詳しい概要は、下記のボタンから資料をダウンロードしてください。
DX支援サービス紹介資料ダウンロード

直近のイベント

記事の作成者・監修者

川北 奈津 UXデザイナー(株式会社A.C.O. 執行役員)

メディアアート作品制作・国内外での展示活動、広告制作会社勤務を経て、2008年、A.C.O.にプランナーとして入社、アプリやサービスの情報設計を多く手掛ける。UXデザインと情報設計を強化するため専門チーム、UX/IA部を2017年1月に立ち上げ。サービスの開発やブランド開発プロジェクトのUXデザインプロセスのリードを担当している。静岡大学情報学部卒。情報科学芸術大学院大学(IAMAS) メディア表現研究科修士課程修了。 プロフィールはこちら