シンギュラリティとは? 言葉の意味やいつ起こるのかをわかりやすく解説

シンギュラリティとは? 言葉の意味やいつ起こるのかをわかりやすく解説

シンギュラリティ(技術的特異点)とは、人間の脳と同レベルのAIが誕生する時点を表す言葉。それでは、AIの能力が人間を超えることにより、社会にどんな影響が及ぼすのでしょうか。あるいは、シンギュラリティはいつ起こるのでしょうか。

この記事では、シンギュラリティの言葉の意味やいつ起こるのかをを詳しく解説。また、研究者や著名人によるシンギュラリティ到来に対する賛否両論の意見を紹介していきます。

★AI(人工知能)についてはこちらをご参照ください

➡︎【資料ダウンロード】業界ごとのDX推進ケースをまとめた“DX事例集”

シンギュラリティ(技術的特異点)とは?

シンギュラリティとは? 言葉の意味や社会に与える影響を解説

シンギュラリティとは? 言葉の意味や社会に与える影響を解説

シンギュラリティの言葉の意味を詳しく説明していきます。

シンギュラリティの意味

シンギュラリティ(技術的特異点)とは、1980年代からAI研究家の間で使用されるようになった言葉で、人間と人工知能の臨界点を指す言葉。つまり、人間の脳と同レベルのAIが誕生する時点を表しています。

一般的に、人間と等しくなったAIはシンギュラリティを起点に加速度的に進化を遂げると予測されています。

シンギュラリティという言葉が注目を集めるきっかけを作った米国の発明家レイ・カーツワイルは「人工知能が人間の知能と融合する時点」と定義しており、AIが人間と融和する形で進化していく可能性が指摘されています。

シンギュラリティが社会に与える影響・メリット

シンギュラリティを考えるうえで注意したいのが、“AIが人間を超える”と単純に考えるのは少々早計であること。

人間と同等の知能を有したAIは、人間の行動や思考を代替したりアシストしたり、あるいは人間と協調するために活用されると考えられます。

加えて、AIの発展によるDX(デジタルトランスフォーメーション)が起こることによって、人間の在り方もAIの在り方も本質的に変化していくと予測されます。

★詳しくはこちらの記事をご参照ください

➡︎【資料ダウンロード】業界ごとのDX推進ケースをまとめた“DX事例集”

シンギュラリティはいつ来る?

シンギュラリティはいつ来る?

シンギュラリティはいつ来る?

シンギュラリティは実際にいつ起こるのでしょうか。また、本当に起こりうるのでしょうか。まずはシンギュラリティの到来を予見する、シンギュラリティ肯定派の著名人の意見を見ていきましょう。

シンギュラリティ肯定派の著名人の意見

シンギュラリティの提唱者、米国の発明家レイ・カーツワイル博士は著書「The Singularity Is Near(シンギュラリティは近い)」においてシンギュラリティへの到達を2045年と予想しています。

イギリスの物理学者、スティーブンホーキング氏も「完全な人工知能の開発は、人類の終焉を意味するかもしれない」と、シンギュラリティの到来に危機感を示しました。

ソフトバンクグループの創業者の孫正義氏もシンギュラリティは人類史上最大の革命「ビッグバン」であると指摘し、シンギュラリティによりすべての産業が再定義されると主張しています。

➡︎【資料ダウンロード】業界ごとのDX推進ケースをまとめた“DX事例集”

シンギュラリティが来ないという意見もある

シンギュラリティは来ないという意見も

シンギュラリティは来ないという意見も

シンギュラリティ肯定派の意見がある一方で、シンギュラリティは来ないとする意見もあります。詳しく見ていきましょう。

シンギュラリティ否定派の著名人の意見

多くの著名人がシンギュラリティの到来を予期するなかで、シンギュラリティの発生自体を否定する著名人も。

人工知能の権威でありスタンフォード大学の教授であるジェリー・カプラン氏も、シンギュラリティは来ないという見解を示している1人。「ロボットには独立した目標及び欲求がない」ため、AIの能力はあくまで人間のためにあるとして、人工知能と人間を同一視する考え方を否定しました。

AIが人間のような「意識」や「自我」を持つことができるかという議論は現時点で科学的に証明することはできません。ゆえに、シンギュラリティを巡っては、到来に関する賛否両論と同時に、悲観的な意見と楽観的な意見の双方が存在しています。

➡︎【資料ダウンロード】業界ごとのDX推進ケースをまとめた“DX事例集”

まとめ:AIは人間の行動を代替したりアシストするために活用される

AIは人間の行動をアシストするために開発されている

AIは人間の行動をアシストするために開発されている

シンギュラリティについて解説してきました。

シンギュラリティ(技術的特異点)とは、人間の脳と同レベルのAIが誕生する時点を表す言葉。シンギュラリティの到来に関する意見は賛否両論ですが、多くの著名人が到来を予見しています。

しかし、AIはあくまで人間の行動や思考を代替・アシストするために活用するために開発されたもの。シンギュラリティに到達したからといって、すぐにAIが人間を超えた存在になるとは考えにくいのが現状です。

★AI(人工知能)についてさらに詳しく知りたい方はこちら

➡︎【資料ダウンロード】業界ごとのDX推進ケースをまとめた“DX事例集”

AIの導入をご検討中の経営者様・企業担当者様へ

モンスターラボは、AIを活用したデジタルプロダクト開発/サービス開発を通じて、企業の課題解決をサポートしています。

ビジネスコンサルタントによるデータドリブンを見据えたビジネス設計、AIエンジニアによるAIエンジン開発の実績も豊富にございます。

モンスターラボが提供するサポートの詳しい概要は、下記のボタンから資料をダウンロードしてください。
DX支援サービス紹介資料ダウンロード

直近のイベント

記事の作成者・監修者

平田 大祐(株式会社モンスターラボ 執行役員 CTO APAC)

平田 大祐(株式会社モンスターラボ 執行役員 CTO APAC)

2004年IBMグループに入社し、IBM ITスペシャリストとしてシステム開発に従事。 2009年からベンチャー企業にて受託開発、コンテナ型無人データセンターの管理システム、ドローン開発などソフトウェアからハードウェア開発まで幅広く関わる。チーフテクノロジストとして2015年にモンスターラボへ入社し、2018年4月より最高技術責任者であるCTOに就任。 プロフィールはこちら