Japan

アジャイル

仕様変更に強く、サービスインまでの期間を短縮できるDX推進に最適な開発手法

優先度の高い要件から開発をスタートし、サービスインまでの期間を短縮できるのが「アジャイル開発」。機能単位でリリースを繰り返すため、 開発中でも臨機応変かつ柔軟な対応が可能な開発手法です。

DX推進には、ユーザーニーズにマッチした商品・サービスをいち早くリリースしてブラッシュアップしていくような企画・開発が求められるため、開発途中の仕様・要件変更に強いアジャイル開発は、DX推進に最適な開発手法として多くのプロジェクトで採用されています。

In order to improve this website, we use cookies. For more information please read our Terms of Service. To agree with the use of cookies on this website, please click the ‘Continue’ button.

;