Japan

CEOの鮄川が出雲市DXアドバイザーに就任いたしました

2021年8月18日

Share

弊ホールディングスの代表取締役兼CEOである鮄川 宏樹が、「市民サービス」「まちづくり」「産業・観光」において「デジタルファースト」で取り組み、持続可能な都市づくりを推進することを宣言する島根県出雲市のDXアドバイザーに8月6日に就任したことをお知らせいたします。

 

左:モンスターラボ ホールディングスCEO 鮄川 宏樹、右:出雲市市長 飯塚 俊之氏

■本就任の背景と目的

島根県出雲市は、人口減少、少子・高齢化の進行などの社会課題への対応、安全・安心な生活を守るための環境整備、Society5.0時代にふさわしいスマートシティ実現のため、AIやICT等の先端技術などデジタルの力を最大限に活用し、「市民サービス」「まちづくり」「産業・観光」において「デジタルファースト」で取り組むこと、そして持続可能な都市づくりを推進することを2020年に宣言しました。行政手続きのデジタル化やスマートシティ構想などをはじめとするDX推進の取り組みのため、アドバイザーとして鮄川が指名を受け、就任に至りました。

■DXアドバイザーとしての主な役割

  1. 出雲市デジタルファースト推進に係るロードマップ(案)の策定
  2. 官民連携組織の基礎作りに対する支援
  3. デジタルファースト推進本部運営の支援

■モンスターラボ ホールディングス代表取締役兼CEO 鮄川 宏樹のコメント

この度、自身の故郷である出雲市のDXアドバイザーに就任することとなり、大変光栄であると同時に身の引き締まる思いです。

出雲市は豊かな自然、歴史と伝統文化、観光資源に、互いに助け合うコミュニティ思考があり、山陰の中でも数少ない、人口を維持している自治体です。出雲の本来持っている価値を大切にしつつ、デジタルによって市民サービスを向上させ、新しい価値を創造し、若い人達にとっても希望ある未来を感じられる、日本を代表する地方都市づくりに全力を尽くしたいと思います。

最新ニュース ニュース一覧

本ウェブサイトでは、お客様が本ウェブサイトを利用するうえでの利便性向上を目的とした最適なサイト表示、閲覧状況の統計的な調査と分析などのために、クッキーを使用しております。詳細につきましては利用規約をご確認ください。