Japan

モンスターラボHD、UAEのエグゼクティブサーチ企業、ecapを子会社化へ

2021年9月13日

Share

MENA地域におけるDXのEnd-to-Endサービスを拡大

世界17カ国28都市のタレント(人材)を活用し、デジタルコンサルティング事業・プロダクト事業を展開する株式会社モンスターラボ ホールディングス(本社:東京都渋谷区、代表取締役兼CEO:鮄川 宏樹<いながわ ひろき>)は、中東のエグゼクティブサーチエージェンシーであるecap (本社:アラブ首長国連邦・ドバイ、共同創業者兼取締役:クリストファー・アブレウ、ダニエル・マーフィー)を子会社化に向けた契約を締結したことをお知らせいたします。本締結は、MENA地域におけるデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)のEnd-to-Endサービスを拡大するとともに、地域におけるポジション強化を図ることを目的としています。

■本子会社化契約締結の背景と目的

テクノロジー、データそして消費者の行動や期待が加速的に発展したことで、企業はデジタルを活用し、より迅速に、便利に、顧客にサービスを提供することが求められています。

本子会社化により、モンスターラボのコアコンピテンスの強化を目指します。

  1. ハイレベルなデジタル人材採用サービスの提供による、DXのEnd-to-Endサービスの付加価値の向上
  2. 中東におけるエグゼクティブ人材ネットワークの獲得による、ビジネス機会の創出
  3. グローバルでの実践経験を踏まえた、DX組織アセスメントツール、ノウハウの提供

※ecapの子会社化は、2021年10月中に完了する見込みです。

■モンスターラボホールディングス代表取締役兼CEO 鮄川 宏樹のコメント

Ecapは、中東にてCIO, CDOを中心としたエグゼクティブ人材の採用、DXの組織アセスメント等を行っているデジタル人材領域の専門企業です。DXの実現において、戦略、テクノロジー、デザイン、データなどの基盤が重要なのは間違いないですが、合わせてデジタル人材の採用、育成、活用、そして組織変革を行っていくことが重要です。ecap子会社化により、顧客によりEnd-to-EndのDXサービスを提供し、MENA(中東・北アフリカ)における当社ビジネスを加速させていきたいと考えています。更にその知見をAPACにも展開していきたいと考えています。

■ecap (正式名称:ECAP DMCC) 会社概要

ecapは、2019年に設立された中東に拠点を置くエグゼクティブ・サーチとリーダーシップ・コンサルタンシーの会社です。共同創業者兼取締役であるクリストファー・アブレウとダニエル・マーフィーが、20年以上に亘る新興国・フロンティア市場での経験と、30年以上のリーダーシップアセスメント、取締役会顧問、エグゼクティブ・サーチの経験を生かして、事業を運営しています。また、官公庁、金融、運輸、ホスピタリティ、レジャー、小売業界に精通しています。

最新ニュース ニュース一覧

本ウェブサイトでは、お客様が本ウェブサイトを利用するうえでの利便性向上を目的とした最適なサイト表示、閲覧状況の統計的な調査と分析などのために、クッキーを使用しております。詳細につきましては利用規約をご確認ください。