サントリー食品インターナショナル株式会社|サントリー ボトルスタイルコーヒースタンド『TAG COFFEE STAN(D)』

パーソナライズされたボトルコーヒーを提供する新規サービスをリニューアルし、ブランド体験を構築

サントリー食品インターナショナル株式会社は、飲料・食品の製造・販売を中心に国内・海外に食品事業を手がける企業。

モンスターラボは、2020年6月から協業を開始したスカイライト コンサルティング株式会社とともに、同社が提供するボトルスタイルコーヒースタンド『TAG COFFEE STAN(D)』サービスの開発プロジェクトに参画。システム開発からUIデザイン、インフラ整備、運用サポートまで担当しました。

➡︎【資料ダウンロード】モンスターラボのDX支援サービス紹介資料

課題

サントリー食品インターナショナル株式会社は、既存の販売チャンネル外でコーヒービジネスの新しい可能性を模索。新しいコーヒースタイルを創ることを目的に、テイストやパッケージを顧客が自由にカスタマイズできるボトルコーヒーサービス『TOUCH-AND-GO COFFEE Produced by BOSS』を東京・日本橋の店舗で提供していました。

同サービスはSNSを中心に話題となり、売り切れが続出するなど好評を博しましたが、当初ペルソナと設定していたオフィスワーカーとは異なる層の利用が顕著でした。好きなアーティストやタレントの名前でラベルをカスタマイズし、“推しボトル”として楽しむ顧客の姿を見たサントリーは、ユーザーの求める表現に合わせたサービスのリニューアルを検討していました。

ソリューション

モンスターラボとスカイライトコンサルティングは協働して、サントリーが既存サービスで得ていたインサイトの分析とサービス仕様の改善ポイントの特定に着手。ブランドバリューを見出し、キーメッセージを含むデザインコンセプトに落とし込みました。

オーダー用のWEBサイト開発では、スマートフォンでの利用を意識したUIデザインを採用。ユーザーがカスタマイズしたボトルデザインをQRコードで表示し、店舗側のスマートフォンで読み込むと自動でラベルが印刷される仕組みを構築しました。同時に、それぞれのラベルに認識番号を付与することで、店舗側で履歴が追えるような工夫を取り入れました。

結果

2021年10月8日、TAG COFFEE STAN(D)の1号店が109シネマズ川崎内にオープン。2000種類のイメージから自由にラベルを選べるサービスに注目が集まり、事前展開したプレオーダーには4000人を超えるユーザーが殺到しました。また、地上波ニュースでトピックとして取り上げられるなど大きな話題を呼びました。

モンスターラボは、バックエンドからフロントエンドまでサービス開発をワンストップでサポートしたことを高く評価されました。

関連情報

DX推進にお悩みの経営者様・企業担当者様へ

モンスターラボは、デジタル領域の知見を活かし、企業のDX推進戦略をあらゆる面からサポートいたします。

ご提案・お見積もりの段階から、デジタル領域の知見を持つコンサルタントをアサイン。新規事業の立ち上げ・既存事業の変革などのビジネス戦略を上流工程からサポートいたします

開発プロジェクトでは、UXリサーチ・設計、UIデザイン、ブランド開発、デジタルプロダクト開発、グロールハックまでの全行程をワンストップ提供。

モンスターラボが提供するサポートの詳しい概要は、下記のボタンから資料をダウンロードしてください。
DX支援サービス紹介資料ダウンロード

記事の作成者・監修者