パーソルプロセス&テクノロジー|人材育成プログラムをDX推進のサポート

パーソルプロセス&テクノロジー|人材育成プログラムをDX推進のサポート

デザイン組織の立ち上げを支援し、デザイン領域を担う人材の発掘・育成に貢献

パーソルプロセス&テクノロジー(以下、パーソルP&T)は、業務プロセスコンサルティング、システム企画・開発、システム運用・保守などを通じて、最新のテクノロジーやサービスを提供する企業。

モンスターラボグループは、同社のデザイン組織立ち上げプロジェクトに企画段階から参画。短期・中期における戦略の策定、人材育成プログラムの提供、ガイドラインの作成を担当するなど、DX推進のパートナーとして伴走しました。

課題

パーソルP&Tには、SI事業やプロダクト開発を担う優秀なPM・エンジニアが多数在籍しています。

しかし、デザイン領域を専門とする組織は組成されておらず、案件ベースで少数のデザイナーが活動している状況でした。

DX推進に対する市場のニーズが高まり、社内外でデザインの知見が求められる案件が増えるなか、中長期的な戦略に向けたデザイン組織の組成とデザイナーの創出が急務になっていました。

ソリューション

モンスターラボは、実際にデザイン組織の立ち上げ経験を持つ人間中心設計専門家をプロジェクトにアサイン。クライアントの状況や組織組成に対する考え方を把握するとともに、事業課題やマネジメント層の考え方、現場で顕在化している課題に対する理解を深めました。

続けて、社内メンバーに対するアンケートとインタビューを実施。PM・エンジニアには潜在的に必要性を感じていること・現状では解決できていないことを問い、見えてきた課題をデザイン領域で生み出せる解決策とマッチングさせました。

同時に、在籍中のデザイナーに「組織におけるデザイナーとしてどのように成長したいか」を問い、そこからデザイン組織のあるべき姿を見出しました。 双方の調査結果をそれぞれ定量・定性の両面から分析して判明したのは、経営層が将来的にデザイン組織に期待することと、直近の現場で求められる実務的なデザイン領域の業務にギャップがあること。経営層はビジネス戦略構築に携わるデザイナーが必要と考えていましたが、実際に現場において不足していたのはUIデザインやユーザビリティテストといった開発に近いデザイン領域の知見・スキルでした。

未来に向けたデザイン組織組成に向かいながらも顕在化しているギャップを解消すべく、現場のニーズを満たしながら早急に上流のデザイン実践が実行できるようにしていく短中期の計画を立案。「豊富なエンジニア層からのジョブチェンジの促進」「現場で求められるデザイン活動を主軸にした育成」をデザイナーの採用と並行して実施し、段階を経てより上流のデザインを組織にインストールしていくことを提案しました。

結果

計画の実行に際して、モンスターラボが運営するデザインスクール「モンスター・アカデミア」を活用し、デザイン領域の知見をインプットする人材育成の場を提供することが決定。パーソルP&Tと共同して前述の調査結果と求めるデザイン組織像を見据えた学習プログラムを作成し、カリキュラムを通じたデザイナー人材の発掘が行われています。

同時に、モンスターラボグループのA.C.O.(デザインコンサルファーム)からUXデザイナーをアサインし、ユーザー調査・ユーザー検証の工程をまとめたマニュアル制作に着手。実際のプロジェクトで運用しながら改善を繰り返し、クライアントに最適なUXデザインの型を生み出すことで、デザイン組織組成に向けた土台作りを目指して伴走を続けています。

関連情報

Persol P&T

記事の作成者・監修者

モンスターラボ DXブログ編集部

モンスターラボ DXブログ編集部では、「DX(デジタルトランスフォーメーション)」をテーマに、最新テクノロジーやそれを活用したソリューション、UX/UIデザインなど、DX推進に役立つ情報を発信しています。 公式Twitterはコチラ

貴社名 (必須)

氏名 (必須)

部署 (必須)

役職属性 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ご入力頂いた個人情報は、お問い合わせへの回答や、ご本人確認と個別のご連絡等の目的で主催者により利用いたします。

上記のフォームから送信できない場合は、
monstar-info@monstar-lab.comまでメールをお送りください。