電通|ニュースサイト『ウェブ電通報』

電通|ニュースサイト『ウェブ電通報』

UIデザイン設計を行い、スクラッチ開発したCMSで業務効率化に貢献

コミュニケーション領域に関するトピックや広告業界の最新動向などを中心に情報提供する電通グループのオウンドメディア。

弊社ではリニューアルを担当しました。電通社員だけでなく同じ課題を抱えた同業他社へのリーチも目指しています。

➡︎【資料ダウンロード】モンスターラボのDX支援サービス紹介資料

課題

プロジェクト開始当時、初回リリースから3 年ほど経過しており、「既存サイトでは今のトレンドに合わない」「過去の記事が探しにくい」といった UI デザインの改善が課題になっていました。

また、CMS(コンテンツ管理システム)に関しても、「スクラッチ開発とオープンソース開発のどちらが最適か」の判断が難しい状況にあり、リニューアル後にクライアントの運用チームがより効率的に作業できる開発手法の提案が求められていました。

ソリューション

モンスターラボの強みでもある開発言語「Ruby」によって旧 CMS は開発されていたため、保守運用まで手厚くサポートができることを考慮して、フルスクラッチ開発を提案しました。また、ブランドイメージを崩さずにリニューアルを行えるよう、初期 Web サイト当時のデザインコンセプトをクライアントから共有していただくことが重要でした。

記事のカテゴリ分類機能を新たに導入し、著者の顔が見える記事構成やフォントは踏襲するなど、細部までこだわりました。

結果

デザインについて、クライアントとコンセンサスを取りながら、今のトレンドにあったUI にすることにより、シンプルでユーザーファーストのデザインを実現しました。

また、CMS を ス ク ラ ッ チ 開 発 す る こ とにより、以前の CMS と比較しながら運用チームの業務効率化を図ることができました。

関連情報

■公式サイト ➡︎ 電通報

UIデザイン設計を行い、スクラッチ開発したCMSで業務効率化に貢献

DX推進にお悩みの経営者様・企業担当者様へ

モンスターラボは、デジタル領域の知見を活かし、企業のDX推進戦略をあらゆる面からサポートいたします。

ご提案・お見積もりの段階から、デジタル領域の知見を持つコンサルタントをアサイン。新規事業の立ち上げ・既存事業の変革などのビジネス戦略を上流工程からサポートいたします

開発プロジェクトでは、UXリサーチ・設計、UIデザイン、ブランド開発、デジタルプロダクト開発、グロールハックまでの全行程をワンストップ提供。

モンスターラボが提供するサポートの詳しい概要は、下記のボタンから資料をダウンロードしてください。
DX支援サービス紹介資料ダウンロード

記事の作成者・監修者

モンスターラボ DXブログ編集部

モンスターラボ DXブログ編集部