Anheuser-Busch InBev(AB InBev)|発注プラットフォーム『Tapwiser』

Anheuser-Busch InBev(AB InBev)|発注プラットフォーム『Tapwiser』

商品発注フローのDXを実現し、業務効率化と売上増加の両面で貢献

Anheuser-Busch InBev(以下、AB InBev)は、Budweiserなどのブランドで知られる世界最大手のビールメーカー。グローバルで事業を展開する同社は約500ブランドのビールを製造・販売しており、世界各国で11万人を超える営業マンが活動しています。

モンスターラボの北米拠点は、同社が提供する酒類の発注プラットフォーム「Tapwiser」の開発に企画段階から参画。リサーチから企画、UX/UIデザイン、プロダクト開発までの全工程を担当しました。

課題

旧来のAB InBev社では酒類販売店や飲食店・BARからのオーダーに対し、担当営業マンが個別に対応。電話やメールなど顧客によってオーダー方法にバラつきがあり、社内システムへの入力作業に多くの工数が発生していました。

業務効率化の改善策として、過去に発注用のデジタルプラットフォームを開発したもののユーザーに定着せず、バイヤーのニーズを捉えた新しい発注プラットフォームの開発が急務になっていました。

また、グローバル展開を見据えて、異なるリージョンやカルチャーにマッチした各国拠点のキャンペーンに対応できる柔軟性も求めらていました。

ソリューション

モンスターラボは、AB InBevの営業マンや酒類を卸している店舗オーナーなどステークホルダーへのインタビューを実施。

デザインスプリントで機能要件を導き出し、モックアップを製作しました。ニューヨークにある複数のBARで、パイロット版アプリを試験的に導入。ユーザーの声をもとに改善を繰り返し、アプリの品質を高めていきました。

また、ローンチに向け、AB InBev社の複数のバックエンドシステムとシームレスに統合する方法を模索。同時に、各ローカル拠点で企画したバイヤー向けキャンペーンの実装に対応できるフレキシブルな仕組みを取り入れました。

結果

米国市場向けにリリースされたアプリは、顧客と営業マンの双方からユーザビリティを高く評価され、グローバル市場にも展開されることになりました。

業務効率化により営業マンのリソースの削減を実現するとともに、顧客はダイレクトな発注が可能に。発注時に商品のラインナップが見られることや、伝票などの書類をデジタル化できたことが好評を博し、新しいプラットフォームを利用する顧客が増加。リリースからわずか3年で目標としていたユーザー利用率を達成しました。

現在、アプリ経由での販売額は1000万ドル(約10億円)に成長し、AB InBev社のグローバル戦略の要を担っています。

関連情報

■App Store ➡︎ iOS|Googl Play ➡︎ Android

■公式サイト ➡︎ AB InBev

商品発注フローのDXを実現し、業務効率化と売上増加の両面で貢献

記事の作成者・監修者

モンスターラボ DXブログ編集部

モンスターラボ DXブログ編集部では、「DX(デジタルトランスフォーメーション)」をテーマに、最新テクノロジーやそれを活用したソリューション、UX/UIデザインなど、DX推進に役立つ情報を発信しています。 公式Twitterはコチラ

貴社名 (必須)

氏名 (必須)

部署 (必須)

役職属性 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ご入力頂いた個人情報は、お問い合わせへの回答や、ご本人確認と個別のご連絡等の目的で主催者により利用いたします。

上記のフォームから送信できない場合は、
monstar-info@monstar-lab.comまでメールをお送りください。