プロフェッショナルとしての、価値と責任

デジタル・パートナー事業部
2014年入社(新卒)

大学で情報工学を学んで、エンジニアとして入社

新卒でモンスター・ラボに入社し、フロントエンド・エンジニアとして現在4年目になります。元々は大学で情報工学を学び、C言語のプログラミングを勉強していましたが、就職活動を行う頃にはユーザーの目に触れるフロントの実装の方が面白そうだなと思い始め、興味が移っていました。そこで就職活動は、求人サイトを利用しフロントエンジニアとして勤務できる会社をあたり、何社か面接に伺ったのですがどこも似たり寄ったりだなと思っていたところ、モンスター・ラボを見つけたんです。
モンスター・ラボでは、採用担当と面接するのではなく実際の開発者と面接するのですが、今思えば面接の時にその方(今では先輩ですが)が話していたイメージ通りでしたね。キャリアチェンジがしやすい環境で、案件の幅が広かったことがあって入社を決めたのですが、思ったよりもすぐにサービスのフロントの実作業を担当することができました。もちろん、いきなりひとりでということもなく、数名の先輩社員に結果をレビューをしていただきながら作業を進め、実力をつけていきました。

新しい技術の導入とチームプレイのバランスを考慮する

特にフロント側の新しい技術は日々進化しているので、自分の中の常識にとらわれないよう、主に海外のフロントに特化している記事から情報をキャッチアップして、何を自分のスキルとして取り入れるか考えています。ただ、もちろんどんどん良くなっている技術を使えばサービスや実装クオリティもあげることができるとは思いますが、なんでもかんでも取り入れるとサービスの表現にそぐわないものや、他の人がチームにジョインした時に運用面で迷惑がかかるかもしれないので、その辺をよく考慮しますね。ですので、新技術を取り入れて表現と運用の視点で本当に効果が上がるのかどうかという点で、記事を参考にしたり、自分でデモを作ってみたりして実験しています。

日本拠点エンジニアの価値と責任とは

モンスター・ラボでは海外拠点のチームとの開発が多いので、日本拠点のメンバーだからこそプロジェクトのQCDSは意識して、海外のメンバーとコスト面で比較された時にスピードと品質で価値を生み出すことはとても重要だと思っています。
実装を計画的に進めるために作業見積もりをできるだけ細かく実施していくのですが、問題は起こるものと想定して、タスク管理のチケットよりも自分の中で早く期限を設定しておき、後で自分でテストする時間をちゃんと取ることで、想定外の出来事が起こった場合に対処できるようにしています。基本的なことではありますが、以前よりもずっとこういったペースを構築しやすい環境になってきていると思います。

プロフェッショナルとして、役割を果たすこと

当たり前の事なのですが、モンスター・ラボにいると、やっぱりそれぞれの職種の人がプロフェッショナルだから良いサービスが作れるんだと実感しますね。個人的に趣味で一人でサービスやアプリを作った時は想像以上に自分のデザインがイケてなくて(笑)、チームメンバーがそれぞれの役割をハイレベルで満たしてこそクオリティの高いサービスが創れると思うので、「多様性を生かす仕組みをつくる」仕組みづくりの中で表現する部分を担っているということを意識し、少なくとも自分の作業範囲は責任を持って価値を創出することを心がけています。

時間と場所を効率よく活用できる環境

私は裁量労働制で時間の自由がききやすいので、満員電車や遅延しがちな朝の時間帯の通勤を避けられたり、ランチも混んでいる時間を避けて食べに行けてランチ難民になることも少ないのが気に入っています。休日は触った事の無い技術を触ってみたり、ライブやフェスによく行きますね。

あと、特に犬が好きで…散歩している犬をバレないようにじっと見たりしています(笑)。男性社員は育児休暇を取得している方や、お子さんの看病やお迎えなどに参加している人が多いので、将来もし結婚したら、家庭の事も考えつつ自分のペースで働きたいと思っています。

DAILY SCHEDULE

10:30 出社・朝会
11:00 タスク整理、メール・チャット類確認
11:30 プロジェクトのタスク開始
(設計・コーディング・動作確認等)
13:00 昼食
14:00 タスク再開
16:00 別プロジェクトのタスク開始
(設計・コーディング・動作確認等)
19:00 帰宅

CAREER

1

2010 : 大学入学
興味のあった情報工学を学び始める。

2

2014 : モンスター・ラボ入社
新卒として入社。先輩に助けてもらいながらフロントエンドエンジニアとして働き始める。

3

2015 : 新たなプロジェクト開始
約1年参加したプロジェクトが終了し、新たなプロジェクトが開始。複数同時に案件に入ったりもするようになる。

4

2016 : お客様のもとへ常駐
お客様の元へ常駐。他の会社の開発方法や文化が知れて面白かった。

5

2018 : モンスター・ラボに戻る
自分の好きなサービスを担当できたり、面白い技術が出て来たりして楽しんで仕事ができている。

RECRUITMENT

この事業部で募集中の職種

Engineer

GAME Div.

Business Producer

DIGITAL PARTNER Div.

Project Manager

DIGITAL PARTNER Div.

CTO

DIGITAL PARTNER Div.

Consultant

DIGITAL PARTNER Div.

Front Engineer

DIGITAL PARTNER Div.

みなさんのエントリーをお待ちしています