サービスデザインに魅せられたコンサルタント

デジタル・パートナー事業部
2017年入社(中途)

プロジェクトの設計開発にも関わってみたくなったんです

私は大学院卒業後、コンサルタントとして語学力(英語、韓国語、日本語)を駆使しながら、ナショナルクライアントを中心に欧米やASEANのグローバルマーケティングを実施し、プロジェクトを成功に導く仕事に携わってきました。その後MBAを取得し、起業したのちに日韓両国を中心としたプロジェクトのマネジメント、コンサルティング、マーケティング、セールスを実施してきました。
モンスター・ラボにジョインすることになったのは、近年プロジェクトを行う中で、多くのスタートアップ企業がビジネス戦略部分だけでなく設計と実装まで自分たちでサービスデザインを実施されていたことがキッカケで、コンサルティングだけでなく、プロジェクトの設計開発にも関わってみたくなったんです。起業からの方向転換する上で著名なサービスを提供するグローバル企業ともお話させていただきましたが、モンスター・ラボの環境や文化が自身の考え方や実践できる環境として一番フィットするなと感じて、参加したんです。

どんな状況にあってもイシューはある

現在、私はクライアント企業のIT戦略分野におけるコンサルティング業務を行いながら、他部署のチームリーダとともにグローバル戦略のプロジェクトに携わっています。ビジョンに基づくミッションを達成するための中長期の目標で中核となる能力を定義し、戦略と数値を設計して具体的にストーリー形成していくことをしています。これまで様々なフレームワークを駆使してきましたが、いまはVMOSTというキャンバスを中心に描いてみています。
当然といえば当然なのですが、グローバルな大企業にはある程度のレールが形成されているのでその向きを補正する、つまり路線を増減させたり走りやすくしたり向きを調整することをしますが、モンスター・ラボにはそもそもレールがない部分があります。

もちろん考えや方針といったことはありますが、この状態からレールを設けてそこで具体的に業務が走るようにしていかないとならないんです。これは大変にチャレンジングなことで、単にキャンバスを描くだけでなくなんでもします、という心意気が重要だと思うんですね。何をしてでも自分が今より成長できるという意思を持つ、またこれまでの経験から、どんな状況にあってもイシューはある、自分が本気になることで見つけ出せるのだ、という気持ちで取り組んでいます。

自分が自分自身を正確に見ることは難しい、
だから他者をリスペクトする

一人でできることは限られています。やっぱり一緒に働くメンバーが大事ですし、そこを信じてコミットすることはとても重要だと思っていて、自分がどのように支援し貢献できるかということについて心に留めていることが3つあります。
1つめは、よく挨拶することです。どんな声や表情で声がけができるかは始まりであり、最後であるとても大事なことです。
2つめは謙虚になること。自分より素晴らしい人はいくらでもいます。唯我独尊ではあらゆる良い機会をなくしてしまいます。
3つめは他者とその専門的な経験を尊重することです。相手がアイデアや新しい考え方を持っている可能性はありますので、聴く姿勢を持つことは非常に大切ですし、協業することで素晴らしいものができると思います。
私がまだ社会に出たての頃は、自身が持つ案件のスケールと影響力の大きさや、自分の能力やこれまでの努力を過信していて、スター気分になっていましたね(笑)。来日して言葉の壁を感じたり、起業した時にうまく人やお金を集められなかった経験をして、ビジネスの根幹はコミュニケーションであると痛感しました。自分が自分自身を正確に見ることは難しい。だから、協働するメンバーへの配慮やリスペクトは忘れてはならないんです。モンスター・ラボの現場にいるビジネスプロデューサーやデザイナー、プロジェクトマネージャーや開発者との協働は私にとってとても刺激的で、自分の考えをどんどんブラッシュアップしていくことができています。

多くの人々の共感を得れた時はとても素晴らしい気分です

私はこれまでいくつかの海外拠点メンバーと連絡をとったりプロジェクトを進めてきていますが、モンスター・ラボのグループ企業メンバーはとても親しみやすく、スマートで勤勉であり、情熱的な印象を受けています。私は彼らの企業文化やその姿勢を尊重しつつ、抱えている課題、例えば就職率も大きいが離職率も高い、人材教育やキャリアパスがまだ不明確であるといったことについて整備していきたいです。ビジネス面における彼らの自立を促進し、事業の拡大ができてきたら、自国の市場のもっと大きい部分をターゲットに展開していくということに携わってみたいですし、またその中で、例えば途上国の企業におけるデザインシンキングやデジタルトランスフォーメーションの組み合わせと実行にとても価値があるのではないかとも考えています。コンサルティングだけをやっていたら経験できないですよね。どのようにしたらもっと本質的な問題解決と価値を生み出せるだろうか、その考えをまとめて共有する、そして多くの人々の共感を得れた時はとても素晴らしい気分です。

ハードなだけでなくスマートな仕事!今日も汗をかく!

私は良い息子であり、パパであり、そして夫であり続けるということも目標として掲げています。モンスター・ラボでは裁量労働で勤務させていただいていますが、週末はきちんと家族との時間が過ごせていますね。全部とはいきませんが、ドイツのように休日や家族との夕食時間を増やすためにワークスタイルを効率的に変更することができる制度であることは、時代や会社の文化にあっているのではないかと思います。なんにせよ重要なのは、生産性のために物理的な長時間労働は必要ないということで、仕事の倫理や原則を守り、ハードなだけでなくスマートな仕事!そして汗をかくことが重要です!

これはビッグチャレンジなんです

モンスター・ラボには、多様性を活かす仕組みをつくるための素地とも言える部分、つまり成長余力と情熱があり、グローバルでのクライアント獲得を狙うことを考えつつも、グループ全体での事業や体制についての課題解決も進めていく必要があります。いい意味で本当に色々な人がいるので、これを活かしきることができたらすごいことなのですが、難しさもあるでしょう。これはビッグチャレンジなんです。課題を特定し、きっちりと課題と向き合って乗り越え、成長と成功を体験してみたい方にはきっと面白い会社だと思います。

DAILY SCHEDULE

8:30 新聞とニュースを確認
9:30 “出勤 / デイリースケジュール確認”
10:00 営業定例
12:00 パワーランチ
13:00 提案のためのリサーチ&分析
14:00 顧客訪問
15:00 メールチェックや返信
15:30 訪問の結果議事録を作成と共有
16:00 HRインタビュー
16:30 提案書の準備
17:30 プロジェクトの共有とリソース計画MTG
18:00 メールチェックや返信
19:00 海外拠点と打ち合わせ
19:30 提案書の準備
20:00 チャットメッセージの確認と返信
21:00 帰社

CAREER

1

2005 : 韓国の大手総合家電メーカーマーケティング担当者に
ビデオ/オーディオ製品の北米マーケティングセールス経験

2

2010 : 日本に移住して日本の大手ステーショナリー会社で、アジアとヨーロッパの市場のマーケティング&セールスを挑戦
初めての日本の職場での新しい文化学び!辛い時もあるある!もちろん楽し時も。

3

2014 : 日本のほかの会社のグローバル進出のためのITコンサルティング会社に転職夜勤を生活化!当たり前化!価値の創出!価値の創出にオールイン!

4

2016 : 本格的な自社設立及び事業に挑戦
事業の難しさを味わってITスタートアップでの再挑戦

5

2018 : モンスター・ラボ入社
ビジネスプロデューサーとして楽しく、世界の仲間たちと一緒に
グローバルプロジェクトを進行中!

RECRUITMENT

この事業部で募集中の職種

Engineer

GAME Div.

Business Producer

DIGITAL PARTNER Div.

Project Manager

DIGITAL PARTNER Div.

CTO

DIGITAL PARTNER Div.

Consultant

DIGITAL PARTNER Div.

Front Engineer

DIGITAL PARTNER Div.

みなさんのエントリーをお待ちしています