国境を超える

世界からベストなチームやメンバーを調達する仕組みを提供しています。 クライアントやプロジェクトの特性に合わせて、世界中のエンジニアやデザイナーなど各分野のスペシャリストたちを組み合わせて最適な開発チームを構築。「クライアントのビジネスを成功させる」という目標のために、力を合わせて価値を生み出します。

詳細
View our global site Or choose a country below
asia pacific
middle east
europe
north america
  • アメリカ合衆国 Fuzz

【5/15共催イベント】有名企業のアプリ活用をテーマに「アプリの虎 Vol.4」を開催いたします

2019年5月8日

Share

弊社はRepro株式会社、FROSK株式会社、株式会社ロケーションバリューの3社と共同で、自社ビジネスにおいてモバイルアプリを活用したいと考える企業担当者を対象としたイベント「アプリの虎 Vol.4 ~有名企業のアプリ活用最前線~」を5月15日(水)に開催します。
 

 
 
本イベントでは、自社事業においてモバイルアプリを活用している企業の方々に、アプリを提供する狙いや事業領域の中でのアプリの位置付け、さらには企画から開発、リリース後の運用までの苦労話などをお話いただきます。大好評につき第4弾を実施する運びとなりました。

アプリの虎 Vol.4 ~有名企業のアプリ活用最前線~

■開催日  :2019年5月15日(水)
18:30~21:00(受付開始 17:50)
■場所   :ヤフー株式会社 イベントスペース
(東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー11F)
■参加費  :無料
■定員   :150名
※ 集客状況によって増席します
※ 事業会社様向けのイベントのため、代理店やフリーランスの方はお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
 
■対象者
– これからモバイルアプリを販促、CRMチャネルとして活用していきたい方
– すでにWebサービスは運用しているが、アプリはこれから注力していきたいと思っている方
– アプリに注力して成功している企業の事例が知りたい方
– すでにアプリを運用しており、よりよい運用のヒントを得たい方
※こんな疑問、お持ちの方におすすめです。
「Webサイトとアプリの棲み分けはどうすればよいの?」
「アプリを開発・運営する上で気をつけるべきことは?」
「アプリマーケティングってどうやるの?」
「アプリではどんな機能をどんな狙いでユーザーに提供するべき?」
 
■主催
Repro株式会社
FROSK株式会社
株式会社ロケーションバリュー
株式会社モンスター・ラボ
■申込   :参加ご希望の方はこちらから
■申込締切 :2019年5月14日(火) 10:00
*募集を早めに終了する場合があります
 

登壇者・講演情報

株式会社ファンケル(アプリ名:ファンケルお買い物アプリ)

通販営業本部 販売企画部 サイト管理G 萩山智也氏

<講演タイトル>
未定
 
ファンケルの通信販売は、自社ECサイト、外部モール(楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・LOHACO)での販売を行っている。ECサイトがあるのに、何故ECアプリが必要なのか。顧客はECアプリに何を求めているのか。実際に行った施策を交えご紹介します。
 
<プロフィール>
2009年 ファンケル入社。窓口部門で顧客対応と通販のフルフィルメント関連業務に従事。2011年より、通販営業部内のWeb管理部門に配属し、分析業務や自社ECサイトの運用を経験。その後、FANCLお買い物アプリ(ECアプリ)の立ち上げおよび、オムニチャネルプロジェクトの取り組みの一つとしてFANCLメンバーズアプリ(店舗アプリ)の開発を担当。現在はアプリの運営の他、ECサイト売上最大化を図るため新サービスの導入やUI改善に取り組んでいる。
——————————-

株式会社スタイリングライフ・ホールディングス プラザスタイルカンパニー(アプリ名:PLAZAアプリ)

マーケティング本部 テクノロジー推進室 担当課長 佐々木透氏

<講演タイトル>
ライフスタイルストア「PLAZA」がアプリをリニューアルした背景と運営のコツ
 
スタイリングライフ・ホールディングス プラザスタイル カンパニーは、コスメや輸入雑貨を取り扱うライフスタイルストア「PLAZA」「MINiPLA」を全国に展開し、コミュニケーションツールの主な手段として、Twitter、Facebook、Instagram、公式アプリを活用。
2013年に公開したアプリは5年間の運用を経て、昨年11月に全面リニューアルを実施。今回リニューアルに至った背景、リニューアル時の重要ポイントを実例を交えながらご紹介します。
 
<プロフィール>
10年以上にわたるPLAZAでの店舗経験の後、本社勤務となり販促部門にてWEB制作業務、CRM業務に携わり、現部門に至る。 昨年より自社アプリのリニューアルプロジェクトを主に、複数のプロジェクトを担当し、現在に至る。
——————————-

株式会社QVCジャパン(アプリ名:QVCアプリ)

eコマース&カスタマーマーケティング マーケティングプランナー 平瀬真子氏 / アシスタントマーケティングプランナー 奥原真理子氏

<講演タイトル>
マーケターができる今のアプリの改善方法とは
①QVCアプリについて (ユーザー層・チャネルとしての立ち位置、重視しているKPIなど)
②エラー管理ツールをいれる前と後の変化 ~アプリの品質向上のために~
③QVCアプリのこれから
 
<プロフィール>
(平瀬氏)表参道の美容師→品川の世界最大ソフトウェア会社→2018年の春に千葉に凱旋。アプリ・Web・時には紙媒体でCRM領域を担当。(奥原氏)新卒でQVCに入社。2017年よりアプリを担当。現在は平瀬と別チームにて、新規獲得のための広告やアフィリエイト運用を担当。

本ウェブサイトでは、お客様が本ウェブサイトを利用するうえでの利便性向上を目的とした最適なサイト表示、閲覧状況の統計的な調査と分析などのために、クッキーを使用しております。詳細につきましては利用規約をご確認ください。