• 日本語
  • English
  • 中文
MENU
CREATE A PLATFORM FOR DIVERSITY
Web, Game, App, Illustration
https://monstar-lab.com/
NEWS
2018/10/04
松江市の事業を通じてインド人エンジニアを採用、松江市長を表敬訪問しました

弊社は、島根県松江市が実施したインドIT人材確保・企業連携事業※2の一環として、インターンシッププログラムに参加したインド人エンジニア、パヤダカス シヴァンを松江拠点で採用、2018年10月3日(水)に松浦 正敬松江市長への表敬訪問を実施しました。
2017年の中海・宍道湖・大山圏域内企業で最初のインド人入社者に続き、本取り組みを通じたMLのインド人エンジニア採用は今回で2人目となります。

※1 グローバルソーシングとは

世界中のレベルの高いエンジニア、クリエイター集団の中から最適なチームを構築し、デジタル・プロダクトの企画・開発・運用に活用すること。

 

※2 インドIT人材確保・企業連携事業とは

インド・ケララ州のIT人材の圏域内企業への就職及びケララ州、圏域のIT企業の相互進出や業務提携に必要な課題を整理するために2017年度に開始された調査事業。同様の取り組みとして2016年度に「松江市インドIT人材受入・企業誘致調査事業」、2018年度は「中海・宍道湖・大山圏域インド人材受入・企業連携推進事業」を実施している。

■本取り組みの背景

中海・宍道湖・大山圏域市長会(会長:長岡 秀人 出雲市長)と中海・宍道湖・大山圏域ブロック経済協議会(会長:古瀬 誠 松江商工会議所会頭)は、インド南部ケララ州政府との提携により、経済交流拡大を目指してきており、MLは松江拠点でのインド人エンジニアの採用を実施することで、松江市の地方活性化に貢献いたします。

■パヤダカス シヴァン / Sivan Payyadakath(22)

松江市が2017年に実施した「インドIT人材確保・企業連携事業」を契機に来日し、圏域のIT企業でのインターンシップを経験。弊社への就職を希望し、選考プロセスを経て2018年10月1日(月)付で採用。

■市長のコメント

「松江市及び周辺4市では、インド人材の本地域のIT企業への就職を目的に、ケララ州の優秀な理工系学生を受け入れるインターンシップ事業を行っています。本事業に参加したシヴァンさんのモンスター・ラボへの就職は、事業成果として私も大変喜ばしく思います。
シヴァンさんがケララ州に似た風光明媚な松江市に早く慣れて、モンスター・ラボで活躍されることを願っています。」

 

【参考】『株式会社モンスター・ラボ採用のインド人エンジニア市長表敬(8月23日)』産業経済部まつえ産業支援センターのプレスリリース(2017年8月)

Archives