【セミナー動画】サービス開発に生きるUXデザインの基礎知識

※ページ下記のフォームに登録いただくと、録画したセミナー動画をご視聴いただけます※

セミナーの内容

本セミナーでは、UXの概念の本質を紐解き、現在のサービス開発におけるUXデザインの重要性を事例を交えて解説していきます。

主催社 株式会社モンスター・ラボ
登壇者 津山 拓郎
デジタルコンサルティング事業部
デザイングループ・マネージャー
アジェンダ 1.UXとは
2.UXが求められる背景
3.どうやってUXを向上させるのか?
4.事例※現在作成中につき、詳細が変更になる場合もございます。

※本セミナーは、2021年1月に実施したものと同内容になります。予めご確認のうえ、お申し込みください。

視聴用フォームはこちら

本セミナーの背景

一般社会へのデジタルテクノロジーの浸透が進み、商品の品質がコモディティ化した現在。製品やサービスのビジュアルや保有する機能だけで競合との差別化を図ることが困難になってきました。

商品自体の価値を魅力とした“モノ売り”から、魅力的なユーザー体験(UX)を提供する“コト売り”へと変化する時代にあって、新規・既存のサービス・製品におけるUXデザインの重要性が増しています。

しかし、実際に『どのように「UXデザイン」を取り入れれば、良い「UX」が実現できるのかわからない』という方も多いのではないでしょうか?

そこで本セミナーでは、UXの概念の本質を紐解き、現在のサービス開発におけるUXデザインの重要性を事例を交えて解説していきます。

視聴用フォームはこちら

こんな人におすすめ

  • UXという概念について理解を深めたい人
  • 言葉の意味は知っているが、より深くUXを理解したい
  • 自身の担当するサービスにおけるUXデザインの重要性を理解したい
  • UXデザインを重視したいが、どのように考えていけばいいかわからない

視聴用フォームはこちら

登壇者

津山 拓郎(株式会社モンスター・ラボ デザイングループ・マネージャー)

飲食・音楽業界での活動を経て20代後半からIT業界に転身し、WEB/アプリ系のディレクターを10年以上経験。現在は、要求定義・要件定義のPM、UXのためのデザインプログラムマネージャーとして活躍。また、設計・開発工程ではIAをメインに担当。モンスター・ラボのデザイングループ・マネージャー。株式会社A.C.O.(デザインコンサルティングファーム)の役員を兼務。HCD-net 認定人間中心設計専門家。

◆登壇者の監修記事はこちら

[card2 id=”236″]

記事の作成者・監修者

モンスターラボ ウェビナー事務局

モンスターラボ ウェビナー事務局では、DX推進に役立つウェビナーを定期開催しています。

動画のご視聴はこちら

貴社名 (必須)

(必須)

(必須)

部署 (必須)

役職属性 (必須)

担当領域 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ご入力頂いた個人情報は、お問い合わせへの回答や、ご本人確認と個別のご連絡等の目的で主催者により利用いたします。

上記のフォームから送信できない場合は、
monstar-info@monstar-lab.comまでメールをお送りください。