開発事例集はこちら

FOOD DELIVERY

フードデリバリーサービス

カテゴリー : BtoC企業 / フードデリバリー / 位置情報 / 地図 / 配達 /
Careem(カリーム)様

担当領域 -
  • 企画
  • 設計
  • デザイン
  • 開発
  • 運用
LANGUAGE

iOS(swift), Android (Kotlin), PHP

2012年に創業したCareem(カリーム)社は、ドバイを拠点に配車サービスや決済事業を展開する企業。中東を中心に15ヵ国120都市でサービスを展開しており、その利用者数は3,500万人を突破するほど浸透しています。

 

モンスター・ラボグループの欧州拠点を担うNodes社では、Careem社の新規事業であるフードデリバリーサービス「Careem NOW」のサービス開発支援全般を担当しました。

 

The Problem – 課題

当初「Careem NOW」はサービスリリースまで2年間の開発計画としてスタート。しかし、ビジネス戦略でドバイ市場における先行サービスとしての有益性を担保することの重要度が高まりました。そのため早期リリースを優先する方針に切り替わり、開発期間の短縮が求められました。

The Solution – ソリューション

サービスの技術基盤を新たに開発するのではなく、Careem社の既存サービスの仕組みを応用する形での開発を提案。新たに開発が必要な要素を絞り込むことで、4ヶ月弱という短期間でのローンチを実現しました。

The Result – 結果

「Careem NOW」はCareem社の要望通り、2018年12月にリリース。短い開発期間でありながら、技術面でもサービスの規模に耐える設計と厳格なセキュリティ基準を備えていることが評価されました。

 

また、ユーザーからも他の地域で成功を収めたリーディングサービスを凌駕する新しいフードデリバリーサービスと認知されています。