日常的にさまざまな情報を取り扱って業務にあたるなか、日報や議事録、気になったニュースやアプリなどチーム内外に共有したい情報が出てくることも多いのではないでしょうか。

しかし、メールやチャットツールで共有しただけでは本当に見てもらえたのかわからなかったり、情報を共有しただけになってしまっていることも多いと思います。

共有された情報を基に議論すればいろいろなことに活かすことができるかもしれないのに、非常にもったいない状況ですよね。せっかく集めた情報なのですから、単に共有するだけでなくしっかりと活かすことが大切です。

そこで本記事ではチームでスムーズに情報共有するだけでなく、共有した情報をしっかりと活かすことができるツールを厳選して紹介していきたいと思います。

情報共有ツール① Qiita:Team(キータ チーム)

多くのエンジニアチームで活用されている「Qiita:Team」多くのエンジニアチームで活用されている「Qiita:Team

今やエンジニア界隈では定番になりつつある情報共有ツール「Qiita:Team」。

マークダウン記法が使えてソースコードがキレイに表示されるのでエンジニアチームにオススメ。日報や議事録といった投稿用のテンプレート作成も簡単に行えます。また、ChatworkやSlackに通知を出すことができるので、普段利用しているコミュニケーションツールの延長線として、自然とQiita:Teamを使う導線を生み出すことができるでしょう。

小〜中規模のエンジニアチームや1つのプロジェクトチームで活用するのに、ピッタリのサービスだと思います。

情報共有ツール② Confluence(コンフルエンス)

情報共有ツールとして便利な海外Webサービス「Confluence」情報共有ツールとして便利な海外Webサービス「Confluence

情報共有ツールとして活用されている海外Webサービスの定番といえば「Confluence」。

Qiita:TeamとConfluenceの最大の違いは「情報の体系化」。Qiita:Teamが1チーム=1スペースであるのに対し、Confluenceでは複数のスペースを持つことが可能です。また、組織全体用、開発チーム用、 営業チーム用といったように情報共有スペースを分けることもできます。

Confluenceの特徴は、情報のツリー構造を作りやすいこと。Qiita:Teamよりも直感的に情報を体系化することができます。

最初は多機能なので混乱してしまうかもしれませんが、Microsoft Office Wordに似た投稿画面なのですぐに慣れると思います。

情報共有ツール③ HONEY(ハニー)

社内SNSのように活用できる海外Webサービス「HONEY」社内SNSのように活用できる海外Webサービス「HONEY

HONEY」は情報共有Webサービスというよりも社内SNSに近い海外Webサービス。

投稿の際にInstagramやSoundCloudと連携できるなど、コミュニケーションの活性化に力を入れていることが特徴です。

HONEYのチーム分析機能はとてもユニークで、投稿数や記事が読まれた回数、期間別のアクティブユーザーやリアルタイムでオンラインになっているユーザーの数を把握することもできます。

さらに、ユーザー単位で投稿数やコメント数を分析することができるうえに、分析した情報をとてもグラフィカルに表示してくれます。

まとめ:自分のチームと相性がいい情報共有ツールを探そう

チームで情報共有し、しっかりと活かしましょうチームで情報共有し、しっかりと活かしましょう

チームでの情報共有に便利なツール・海外Webサービスを紹介してきましたがいかがでしたか?

本記事で紹介したツール・海外Webサービスの多くは共有した情報に対してさまざまなアクション(いいねやコメント、メンバーへの通知、編集リクエストや共同編集)を行うことができます。ぜひチーム内の情報共有ツールとして検討してみてください。

また、ほぼすべてのサービスに無料トライアル期間があるので、気になったものがあれば積極的に試してみることをおすすめします。

実際に使ってみないと自分のチームとの相性がわからないのでトライアル期間中は全力で活用してみるといいでしょう。

モンスター・ラボではお客様からのWebサービスやアプリの開発に関するお問い合わせ・お見積もりのご依頼を随時受付しております。ご興味のある方はお気軽に下記の「お問い合わせ」フォームからお申し込みください。

Related Post

WeChat活用とミニプログラム開発の最新事例セミナーに、モンスター・ラボの成都拠点代表が登壇

イベント

AI(人工知能)とは何か? 言葉の意味や定義から機械学習・ディープラーニングまでわかりやすく簡単に解説

AI

リーンキャンバス(Lean Canvas)を活用したアプリ企画書の書き方を解説

アプリ・Webサービス