近年、スマートフォンの普及に伴い、ビジネスシーンにおいて「スマホアプリ」が重要な位置を占めるようになってきました。

単にマーケティングのツールとして活用したいという需要だけでなく、会社の成長戦略を担う新規事業としてスマホアプリの開発を検討される企業が続々と増えてきています。

しかし、社内でアプリ開発のプロジェクトを立ち上げたものの、「開発経験が乏しいので何から手を付けていいのかわからない」、「費用がどれくらいかかるのか想像できない」、「アプリ制作会社の見積もりが高いのか低いのか、料金相場がわからない」といったお悩みをお持ちの経営者・ご担当者様も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで本記事では、アプリ開発の費用について徹底解説。アプリ制作会社ではどのように費用を見積もりしているのか、開発費用の仕組みを解説していきます。

 

(目次)

スマホアプリの開発費用はどのように見積もりしてるの?

「スマホアプリ開発の費用って、普通はどれくらいかかるの?」と聞かれても、求める機能や開発の規模によって料金は大きく異なります。

そのため、「相場はいくらくらい」と一概に言うことはできませんが、アプリ開発を受託している制作会社の中で重視しているポイントがあるので紹介していきましょう。

スマホアプリの開発費用にはエンジニアの見解が大きく関与

スマホアプリの開発費用の見積もりは、一般的に以下のような計算式で試算されます。

★アプリのリリース後に発生する費用

1機能を実装する為に必要な時間(工数) × 1時間当りのエンジニアのコスト
=見積もり金額

見積もりは制作会社のエンジニアが担当するケースがほとんど。そこで「この画面・この機能を作るなら、大体●日はかかるだろう」というように、依頼内容から経験則に基づいておおよその作業日数を算出しています。

算出された総作業日数に営業担当がエンジニア稼働の1日分のコストをかけ算すれば、あっという間に見積もり書が完成! つまり、スマホアプリの開発費用の見積もりはエンジニアの工数の試算によって大きく変動しているのです。

専門職の見解とはいえ、あくまでも個人の感覚によるもの。そのため、アプリ開発を依頼する制作会社ごとにバラバラの見積もり金額が出てくることは珍しくありません。

アプリ開発を依頼をする前に、担当エンジニアの見解が費用面を大きく左右していることをしっかりと把握しておきましょう。

開発費用を正確に見積もりしてもらうために資料を整えよう

担当者や制作会社によって金額が大きく異なるのでは、依頼先を決める際に困ってしまいますよね。エンジニア個人の感覚次第なのでバラつきを完全に無くすことはできませんが、可能な限りバラつきを少なくする方法があるので紹介します。

それぞれの制作会社に見積もりを正しく算出してもらうには、
「エンジニアが正確に見積もりできる詳細な資料を準備する」ことが肝心です。

「どういうサービスで活用するアプリなのか」というアプリ開発の目的・運用方法はもちろん、「構造的に何画面あるのか」「各画面にはどんな機能があるのか」といった具体的なイメージまで網羅した資料を用意するのが望ましいでしょう。

依頼主が描いたビジョンを実現するための作業工程をエンジニアが試算する形になるので、詳細な資料の準備は良いサービスを作るために欠かせない必要最低限の努力。極端な話になりますが、資料を準備できないほどイメージが固まっていないのであればアプリやWebサービスの開発は難しいと考えた方が賢明かもしれません。

しかし、専門知識がなく、どうしても詳細な資料を準備できないという方も多いと思います。そんなときは、これから開発を依頼しようと考えているスマホアプリに類似した既存のアプリを提示してみましょう。

例えば、「メルカリみたいなアプリを作りたいんだけど、費用はいくら?」と聞いてもらえた方が制作会社サイドも見積もりをしやすくなります。

アプリ開発を依頼するときは、見落としがちな開発費用に注意!

ここまでスマホアプリの開発費用の見積もりの仕組みと正確に見積もりを出してもらうコツを紹介してきましたが、実際に依頼する前に注意しておきたいポイントがあります。

あとから「こんな所に費用がかかるなんて想定していなかった」ということにならないように、見落としがちな開発費用を覚えておきましょう。

開発中は制作費以外のコストも発生するので注意

制作会社に開発費用として支払う以外に、開発中に発生する費用があることも忘れてはいけないポイント。

サーバーを借りたりドメインを取得したり、アプリやWEBサービスを開発する際のベースとなる部分で下記のような費用が発生します。

■アプリ制作費以外の開発コスト

  • ・アプリの動作保証端末機の購入費用(単発)※自社にない場合
  • ・開発中のサーバーランニング費用(月額)
  • ・SSL証明書費用(年額)
  • ・ドメイン取得費用(年額)

上記を合算すると、約50万円くらいの費用になるのではないでしょうか。もちろん開発するアプリの内容によって異なりますが、こういった開発中のコストが発生することもしっかり把握しておきましょう。

スマホアプリのリリース後にも運用コストがかかることを忘れずに!

意外と見落としがちで予算化していなかったというケースが多いのが、アプリのリリース後に発生する運用コスト。

具体的に説明すると下記の2つの費用が発生します。

★アプリのリリース後に発生する費用

  • ・サーバーのランニングコスト
  • ・アプリの保守・運用(追加開発)費用

たった2つだけだから…と安易に考えてしまいそうですが、時には月額で数百万円ほどの費用がかかるケースもあるのであらかじめ計算しておく必要があります。

しかし、この2点に関してはアプリ開発経験がない方には、想像するのがとても難しい部分です。リリース後のコストに関しては、依頼するアプリ開発会社に運用方法を提案してもらうと安心です。

ざっくりとした見積もりですが、アプリに続々と機能を追加していきたい場合は毎月100万以上の費用は発生することがほとんど。アプリ開発を依頼する際は、あらかじめリリース後のコストについて把握しておくことも肝心です。

まとめ:アプリの開発費用を知りたいときは制作会社に見積もりを依頼しよう

アプリ開発費用の見積もりの仕組みや忘れてしまいがちな開発費用について解説してきましたがいかがでしたか?

文中でも解説してきましたが、アプリの開発費用はエンジニアが見立てた総作業時間の見通しに大きく左右されます。だからこそ、相場に見合った費用を正確に見積もりしてもらうにはアプリの完成イメージがわかる詳細な資料の準備が大切になります。

とはいえ、アプリ開発の経験が無い限り、なかなかアプリの構造や運用の部分までイメージするのは難しいと思います。そんなときは、「●●みたいなアプリを作りたい」と類似しているサービスのアプリを具体例をあげるとエンジニア側でイメージがしやすくなります。

いずれにせよ、開発中に発生するコストやリリース後の運用コストまで試算するとなると、かなり専門的な知識が必要になるので初めて依頼をする場合は不安な部分も多いと思います。やはりそこはプロの見解に頼らざるを得ない部分も多々あるので、まずは気軽に制作会社に相談してみるといいでしょう。

見積もりをするのも制作会社の大事な仕事なので、嫌な顔をする会社は1つも無いと思います。複数の会社に見積もりを依頼して予算のマッチする制作会社と話を進めてみるなど、何事も相談ベースでしっかりと確認しながら進めていけば大きな失敗は起こりにくいと思います。

関連記事

【保存版】はじめてのアプリ開発:発注側が知っておきたい基本的な流れ(フロー)、気をつけるべきこと

開発事例から見る成功する仕様書の書き方

アプリ開発費用を今すぐ見積もりしたい方はこちら!

モンスター・ラボではお客様からのお問い合わせ・お見積もりのご依頼を随時受付しております。ご興味のある方はお気軽に下記の「お問い合わせ」フォームからお申し込みください。

Related Post

11月弊社セミナー2回目開催のお知らせ

イベント

【6/15特別セミナー】学生向け!働くを知る〜自分の仕事の創り方〜

イベント

ヨルダンのアンマンで開催されたICTイベント「MENA ICT FORUM ’18」に参加しました

ニュース