国境を超える

世界からベストなチームやメンバーを調達する仕組みを提供しています。 クライアントやプロジェクトの特性に合わせて、世界中のエンジニアやデザイナーなど各分野のスペシャリストたちを組み合わせて最適な開発チームを構築。「クライアントのビジネスを成功させる」という目標のために、力を合わせて価値を生み出します。

詳細
View our global site Or choose a country below
asia pacific
middle east
europe
north america
  • アメリカ合衆国 Fuzz

CEOメッセージ

2006年、このままでは日本の音楽はダメになってしまう、多くの才能あるアーティストのチャンスを広げたい!という思いからモンスター・ラボを創業し、独立系アーティストの為の音楽配信プラットフォーム「monstar.fm」を立ち上げました。
”monstar” の mon はフランス語で「私の」、star は星の「スター」で、皆にとってのスターがいた時代から、自分にとってのスターを見つける、「多様性の時代」という意味を込めています。
その後、登録アーティスト数は1万近くに達し、世界中の500以上の音楽サービスにも同時に配信できる海外配信サービスを開始したり、リアル店舗向けストリーミングサービス「monstar.ch」を開始して音楽サービスを発展させてきました。


また、この『多様性を活かす仕組みを創る』という言葉にはもう1つの意味を込めています。
それは、モンスター・ラボ自体が、多様なカルチャー、国籍、バックグラウンドを持った志の高い人材が集まり、切磋琢磨し、チーム一丸となって、イノベーティブな新しいサービスや事業を生み出してくプラットフォームになっていきたいということです。
日本、中国、シンガポール、ベトナム、フィリピン、タイ、バングラデシュ、ドイツ、イギリス、デンマーク、オランダ、チェコ、ウクライナの13ヵ国、23拠点で1000名近い人材が集まっており、社員の国籍は30ヵ国籍まで増えています。


創業から今まで、音楽、ゲーム、アプリ開発といった分野に事業は広がっていますが、『多様性を活かす仕組みを創る』というミッションは変わることなく、2014年には、世界中のエンジニア・クリエイターチームと仕事ができるグローバルソーシングプラットフォーム「セカイラボ」を立ち上げました。
日本は人口減少により人的リソースが不足し、国際競争力も相対的に下がって来ていますが、アジアという単位で見れば、多くの優秀な人材と巨大マーケットが存在しており、大きな可能性に満ちた環境があると考えています。
モンスター・ラボとして、人材、拠点、市場という意味でも真のグローバル化を進めつつ、「セカイラボ」を通じて、新興国に仕事を創り、日本に生産力を提供することで「アジアにおけるイノベーションのエコシステムを創出する」ことを目指したいと考えています。


大人になると自分の人生の主人公じゃなくなってしまう、大人になりたくない、子供の頃はそんなことを考えてましたが、仲間と情熱を持って、本気になって世の中を変えるようなことにチャレンジするというのは、子供の頃には想像もできなかった、大人だからできる最高の特権じゃないかなと思ってます。
これからも、多様性を活かす仕組みを創りフェアでより良い世界に貢献できるよう、モンスターラボのチーム一丸となって全力で駆け抜けたいと思っています。

本ウェブサイトでは、お客様が本ウェブサイトを利用するうえでの利便性向上を目的とした最適なサイト表示、閲覧状況の統計的な調査と分析などのために、クッキーを使用しております。詳細につきましては利用規約をご確認ください。